PROGRAM プログラム

はじめて学ぶ地域医療(講義内容・群馬大学)

講義内容(令和5年度)

教養教育科目
対象:医学部医学科生(地域医療枠学生及び地域医療に関心のある一般枠学生)、保健学科生(看護学、検査技術科学、理学療法、作業療法)、共同教育学部生・理工学部生・情報学部生
対象年次:1年次

  • 第1回:  オリエンテーション、地域医療とは、健康とは、地域診断入門
  • 第2回:  群馬県の地域保健
  • 第3回:  群馬県の救急医療
  • 第4回:  群馬県の肝疾患事業、アルコール依存防止の取り組み
  • 第5回:  群馬県の地域医療構想など地域医療の現状
  • 第6回:  埼玉医科大学との合同講義(かしこく健康に生きる)
  • 第7回:  埼玉医科大学との合同講義 ヒューマンケアを基盤とした人の暮らしを支える専門職連携)
  • 第8回:  群馬県の周産期医療
  • 第9回:  発表準備(グループワーク)
  • 第10回:発表準備(グループワーク)
  • 第11回:埼玉医科大学との合同発表
  • 第12回:埼玉医科大学との合同発表
  • 第13回:地域医療と感染症
  • 第14回:健康保険、介護保険、地域包括ケアシステムについて
  • 第15回:まとめ

終了後の学生によるミニレポート

課題「はじめて学ぶ地域医療」の講義を受ける前と後で、あなた自身はどう変わりましたか。

  各専門分野の教員によるオムニバス形式の講義

学生①

まず、私が今回この授業を受講した理由は、元々医療に関心があり、将来的には医療系の企業に研究職で就職して、より多くの人々が活き活きとした生活を送れるような製品を開発しようと考えているからです。そして今回の講義を通して医師、看護師のみならず、医療に関わる人達の仕事についてよく知ることが出来ました。また、群馬県や埼玉県の地域ごとの特徴から、それまで講義で学んでいた知識を活かして、今後どのような社会につくり変えていくべきなのか、よく考えることが出来たと思います。私は理工学部ですが、この講義の内容は日本に住む全ての大学生が知るべきもののように感じました。授業前は曖昧だった保険や感染症のしっかりした知識を得られて今後ニュースなどで得られる情報を、より深く理解することが出来ると思います。講義は終わりになりますが、これからも知識を吸収し続けて、それを仕事や生活に活かしていきたいです。

学生②

講義を受ける前は群馬県全体の医療課題について考えたり、自分の市ではどのような対策が行われているのか、などを大まかに捉えていたが、グループワークを通して地域の特徴や課題を見つけたことで、子どもや高齢者の視点など対象者を決めて考えると課題がそれぞれ違うことに気付くことができ、全体を見るだけでなく対象者に合った課題の対策を行っていくことが大切であると感じることができた。講義を受ける前とで地域を捉える「視点」が変わった。地域医療を学ぶうえで、まずは地域の課題について知り、そしてそれぞれ対象者の課題を知り対策を考えるこの過程が大切であると感じた。また、講義を受けた後で自分の市を歩いていると自然に「公園がある」「高齢者が多い」「スーパーのイートインスペース」など、この対象者にはこうするといいだろうなと考えられるようになった。「はじめて学ぶ地域医療」という科目名の通り、はじめて学ぶことがたくさんあった。特に周産期医療についての講義は、自分が最も興味のある分野であったため、はじめて周産期医療が担っている役割、そして抱えている課題を知ることができ、とても良い学びの機会となった。ありがとうございました。

学生③

講義を受ける前は、地域医療のさす地域の範囲とか何も知らない状態だったけれど、地域医療について学んだり、調べたりして知ることができた。特に医療圏について人口や宗教、政治など医療と関係ないように思えることも調べて地域を知ることで住民の健康増進につながるということが実際に自分の担当する医療圏について調べてみて実感できた。医師不足や公共交通機関が少ないなどが原因で、十分な数の病院がなかったり、通院が難しい患者さんもいると思うので、ITの技術の進歩を利用しながら、住み慣れた地域で患者さんをケアし続ける方法についても、もっと知りたいと思うようになった。地域内でケアを続けることの素晴らしさを知ることができた。

学生④

はじめて学ぶ地域医療の授業を通して地域によって提供される医療、福祉はさまざまであることを学ぶことができた。子どもに対する教育のあり方、高齢化に伴う医療体制の構築など地域の実態に沿った形で行われていた。特に市町村によって異なる少子化対策は学ぶべきものが多くあった。藤岡では高校生以下の子供たちの医療費は無償である。経済的な負担を少しでも小さくすることで、少子化を抑制できる。他に教育体制を充実することでの少子化対策を行う市もあった。子どもに対する教育体制を地域全体で支えていくことも少子化対策になりうることを学んだ。

学生⑤

看護職を目指す身としてだけでなく、群馬県という地域に住む人としても、この地域についてもっと知る必要があるという認識が生れました。各講義の群馬県全体の分野ごとの話と医療圏別にグループとなって行った発表の活動を通して、県内の活動や地域ごとの特徴、課題について知ることができました。そして講義を受ける前と比べて、課題に対してどのようなことが必要か、今の自分に何ができるのかということを考えるようになりました。また、この講義で埼玉の方が群馬の医療機関を利用することもあると初めて知り、県内だけでなく、隣接している地域の関係性も重要であることを学びました。他の隣接地域についても学びたいです。

< 一覧へ戻る